クリス・マツオによるロミロミ講座動画

**クリス・マツオより一言**

本動画はロミロミマッサージであって、ナーガツイナーはここまで肌を露出しません。
洋服の上から、又は、タオルの上からするマッサージです。

*****

字幕が付けられなかったので、下に翻訳を掲載致します。

ロミロミの動きは、関連のあるツボから、色々なものを引き出していきます。
日頃の態度を支配しているような感情などです。

ここから始めて、まず核心をつかんで、それから感情を扱います。
感情や態度を決めているようなものを、ゆっくりと押し出していきます。

この辺りは心臓を囲みこんでいて心臓の反応を、引き出している中心です。

ルートチャクラで感じたもの。
「リストラされた!」「引っ越さなくちゃ!」とか
20人の生活を支えていくのに、1人でがんばるようなかんじ。

そんなふうに感じるんです。使命とか、チャレンジをね。
その在り方が、感情の引き金にもなります。

身体には 友人がいるようなもので
「そんなこと 許していいのか」心臓は「何事なんだ」って言うんです。

正当な反論もできないままに、声を上げられずにいるとね、
「これに従え!」「こうあるべきだ!」との 観念に対して
「言うべきことを 言えよ」って。

でも行動では「どう伝えたらいいかわからない」んですね。

心臓が言ってることを表現できてないと、それはストレスでしょ?
がんじがらめになっている。感情が行いを、制限してしまうんです。

「辞めるべきだ!」とか「不可能だって 言えよ」って感じるのに、
言えてなかったら、感情から命じられていること自体も
さらにストレスになりますね?

こういうツールがなければね。
感情をどう表現したらいいか、どこから始めたらいいかすら
わからなくなるんです。

矛盾があるので、前に進めなくなる。
友人が「ああしろ こうしろ」って言うのに、
どこから、どうしたらいいかわからない。

そうするとさらに矛盾が生まれて、行き場がなくなります。
手段がわからないとね。

それが、背中で起きてることです。
たとえば、ルールや権威を押し付けるもの

「それは いけないことだ」
「それが昔からの慣習だ」
「ルールに従え」
「そんなことを 許すな」

という声に対して

「腹が立つ」
「怒るべきだ」
「不満があるだろ」
「俺なら怒るぞ」って

「ほんとは怖いんだろ?」って。
もし 感じてしまったら、もっと怖くなるものでしょう?
声にしないかぎり、感情はこうして下に向かって身体に溜まっていくのです。

心臓の問題は 思春期から始まって、友人と同じように
ふるまわないことがプレッシャーとストレスになります。

それがまさに、背中という「裏舞台」で起きてることなんです。
素晴らしいつながりなんですよ。
ホオポノポノ しなくちゃでしょ?

「言いたいことを 言えばいい!」
「みんな ちゃんと 聞いてるよ
身体は どこにも 逃げないんだから!」

向き合っていかないとね。
だからこのマッサージには、哲学が詰まっています。

心臓を、解放してあげるんです。
怒りを和らげると、やる気になるんですが
まず、恨みを緩めると不満になり、その不満を緩めて
消えてゆくと、怒りになる。

その怒りを和らげて、はじめて、それがモチベーションになるんです。

触れてゆくことで、感情たちの反応を変えてゆくことができます。

ある感情が強調されたり、滞ったりゆるんだりして動くので
一つずつの感情や観念をカウンセリングしてゆきます。

「そんなルールは どこからできたんだ?」
「ただ 昔から決まってる」
「どうしてだ」

「誰かが そう言ったのか」
「知らないよ!」

「どこからきたんだ?
お前は ルーツじゃない」
「ただ 身に着けた態度だ」
「根拠なんか ないじゃないか」

「根拠は 何だ?」
「根拠なんかないよ」

「じゃあ お前は ニセモノだ」

間違うことだってあるでしょうからね、繰り返しみていくんですよ。
何が本当に起きているのかを。

そうして、心臓へ戻る。
心臓は、純粋なる中心ですからプレッシャーを受けるべきではないんです。
中心からずれてしまうとストレスになる。
本来の威儀を正すと、司令塔となります。
決断・選択すべきときにね。

マッサージは、身体に何が起きているかをみていくということです。

背中の一部でも、滞っている個所なら1時間かけることもあるでしょう。
絞り出し、浄化してゆくのにね。

背中に回り、同じ動きで下へ、また戻る、を繰り返す。
腕の下へまた戻して、全体を包み込むように、手前へ引いてくる。

心臓まわりのエネルギーを、手のひらで運ぶように
肩へ、脇の下へも流していく。末端まで届くように。
ハートのエネルギーの詰まりを浄化して、取り除いていきます。

負荷や、ためらい、歪み、へつらい、がんばりすぎ、などのエネルギーを
手の先まで。浄化していきます。それをもう片側もね。

マッサージしながら、ハートのエネルギーを拡げていくことなんです。
優しく、両側に同じように働きかけて、
肩から肘へ、手首へと、まだ流れが滞っていると感じたら
そこへ戻って、ほぐしていくんです。

もとの個所へ戻って、また、中心へ。
肩に疲れが溜まっていたら、肩をしっかりゆるめて。
腕へエネルギーが流れるかを確かめる。
肩、ひじ、手首へ。それからやっと、腰へ。

そこが詰まっていたら、上部へ戻ることもあります。
ぜんぶ流せたと思ったら、腰に戻るんです。

手順でいえば、あまりに詰まっていて、
それは違うところからきているかもしれないな、と感じたら、
まず そこに働きかけて、順にほぐしていく、ということ。

そうして マッサージを続けてゆくんです。
ロミロミ って 面白いでしょ?