ドラゴン・クエスト〜通訳・昭子編・その3〜

その3:51%のアワと49%のサヌキ

タリカ:タオ・コードでは、1611年周期で文明のスパンが変わる
と言われていますよね。ここ十年くらいで切り変わったと。

そうなると、波形で移り変わる文明の最高潮の盛り上がりは
今から800年後になる。今この混乱期にある私たちが
どういう希望をもっているかによって、800年後が決まってきたり
するのかなと思います。

これからは今までのようなサヌキ的、直線的な考え方よりも、
アワ的で直観的なものも、よいものもよくない物も含めてだけど、
もっと出てくるのかな。

昭子:外国に出て行ったりすると、日本人は日本人のまま
いたほうでいいんじゃないか、無理がないんじゃないかと思う。
アメリカに行って超アメリカナイズされた人より、日本人らしい
日本人の方が落ち着く、というような感覚。

私たちは敗戦を経て、西洋のサヌキ文化になりましたけど、
それまでは庶民を支えていたのは、アワの文化ですよね。

タリカ:明治時代敗戦を経て、一気に西洋化されちゃった。
道徳的にも、サヌキ型のキリスト教的なものが入って来た。
日本人的な自尊心も、原爆とともにゼーンブ燃え尽きて
自分たちの文化を否定的にとらえている。

そこは注意深くケアしないとけないんじゃないかなと思います。
私たちが、健全な自我というものをもう一度築き直さないと
「日本がすごいんだ!」というのが、変なナショナリズム
走っちゃう気がします。

昭子:そこは本当に微妙なところですよね。あるチャネラーさんが
言ってたことなんですけど「今生でオンナをやってる人は
前世では皆オトコだったんだ。だから、お皿洗ったりしてる自分が
意味が分からないって人が多い」って(笑)

なぜだと考えた時に、アワがアワのままだと、何も外に出てこないんですよね。
いくら「女性らしくない」とはいっても、51%以上はアワの気質がないと、
女性の形では産まれてこない。

現代に、サヌキ気質の多い「サヌキ女」がたくさん生まれることによって、
SNSで意見したりという、声を上げることができる。
でもそれを横つながりで、友好的に包み込んでいくような声の出し方は、
サヌキにはできないやり方なんです。

タリカ:それ、すっごく面白い! 今まですっかり忘れていたけど
昔、前世を見てくれるっていうおばさんの所に行ったら
「あんたは今生で初めて女性として生まれて来たんだ」って
言われたの思い出しました(笑)

昭子:声を上げるイコール「自衛しなきゃ」とか「正当性を主張
という考えや、闘うというやり方、軍備を拡張するとか、
そういう方向では多分もう上手く行かない世の中になるんだと思います。

誰が得する、損するとか、傷つく、ということは意味がないのだ
ということを皆が気づくようになる、というか。

日本の良さを出していくっていうことに関しても
「これが正しいんだ」ってやり方だと絶対上手くいかないはずです。

タリカ:ここ数年で政権交代しましたよね。それに関してはどう感じますか?

昭子:最後にじたばたしてるんだなあーって感じを受けています。
1995年が1611年周期の文明の切り替わりのポイントで、
阪神淡路大震災の年ですよね。私も地震で、まさにど真ん中で
揺さぶってもらって、そこからの流れは、サヌキの阿鼻叫喚
最後のあがきというイメージです。

でもね、彼等(サヌキ)は本当に折れないし、自分たちが間違ってたとは
絶対に言わないです。例えば、旦那さんが間違ってたって、
今の政権がどんなにボロが出たって、そこを指摘することでは
絶対変わって行かないんです。

サヌキ女2人の妙なる話、惜しまれつつ明日が最終回です!

<板垣昭子・profile>
兵庫県 淡路島在住、三姉妹の母。
心理学のカードリーディング、カバラ数秘を使ったセッションと、
古代の文字「カタカムナ」、東経135度の意味などを伝える
「天然自然の おんな塾」を全国で行なっています。

ブログ:そのまんま♪ 天然自然の おんな塾 from vision island あわじしま

<記事構成・スタッフM>
タオイストジャパンのweb構築、事務、広報すべての活動をアシストする裏方スタッフ。
現在妊娠中。スピリチュアルなもの、一般常識や社会的な規範とはかけ離れたものごとは
電柱の影からひっそりのぞいていたはずなのに、いつの間にか肩まで浸かって心地よい毎日を
過ごしています。