ドラゴン・クエスト〜通訳・昭子編・その2〜

その2:アワとサヌキ、日本と西洋

タリカ:男と女の神様が島を創り出すというのは世界的に見ても
とてもユニークな神話ですよね。自分が日本人だから、
というだけじゃなくて、やっぱり日本は特別な場所だなと
感じることがかなりあります。

昭子:日本が脚光を浴びている感じはありますよね。

最近でいえば、ニュージーランドの原住民である
ワイタハ族のテポロハウ長老が、来日して関西の各地で
セレモニーをしたり。

タリカ:その話は前に聞いたことがあります。
確か、彼等が銀の龍の子孫で、日本人が金の龍の子孫
という関係にあるとか。

昭子:そうです。今回、長老は1400年眠っていた龍を起こしにきた
と言われました。今年は兵庫県の六甲山の上に女神山という
場所があって、そちらでセレモニーをされたようです。
あとは、鳥取・出雲に行かれるみたいです。

タリカ:昭子さんが研究されている、カタカムナ(Wikipediaにリンクします)が
最初に見つかった場所の辺りですね。

やっぱり水瓶座の時代になってから、そういう話題が
たくさん出て来たっていうのは、すごいことだなと思ってます。

昭子:世界情勢が不安定になってきていて、
欧米中心の文明が難しくなってきているっていうのは、
その予感の裏付けのような感じだと思っています。

タリカ:私も結構海外に行って仕事をするんですけど、
考え方、もちろん文化やバックグラウンドが違うからだけど、
欧米と日本って、本当に全然違う感じがする。

でも日本人は結構新しいものが好きでしょう?
欧米のものを、見た目がいいと簡単に受け入れるちゃう(笑)

昭子:日本人の持っている、ある種の劣等感って
女性が持ってしまっている自虐的な感じとすごく近いと
思ってるんですよね。白人に日本語で道を聞かれた時に
なんで英語で答えようとすんの?みたいな(笑)
何故かへりくだっちゃう、美しく言えば謙虚ということでしょうけど。

カタカムナでいうところの、アワ(※女性性の総称。
男性性はサヌキと表現される)的な。すごく無価値観が強い

タリカ:けれども、気功とか太極拳とかやってると、
東洋人の方が、断然ハラが決まってるんですよね。
もちろん、西洋人でも前世で東洋で活躍した人は例外ですけど(笑)

西洋人は論理的なことが得意で、カタカムナで表現すると
サヌキ的な人が多いのでわかりにくいことをクリアに説明するのが
うまいでしょ。東洋人はアワの気質が多い

だから日本人とか、中国人はその辺にいるフツーの人でも
ハラが決まってる、人が多い感じです。技の説明もそうで、
東洋人の先生は論理的というよりはもっと直感的な感じで、
まさにエネルギー的な「伝授」ですよね。

日本やアジアって、皆がアワ気質なので、外に出てきにくい、
いい先生はたくさんいらっしゃるんだけど、見つけるも大変。
本当にご縁がないと大変(笑)

昭子:だから、カタカムナもなかなか出なかったんです(笑)
皆さん密やかにしてて、出てこられないですね。
アワ的な潜る、隠れるエネルギーがすごく強いんだと思います。

素敵なお話、佳境に入って参りました!続きは、また明日☆

<板垣昭子・profile>
兵庫県 淡路島在住、三姉妹の母。
心理学のカードリーディング、カバラ数秘を使ったセッションと、
古代の文字「カタカムナ」、東経135度の意味などを伝える
「天然自然の おんな塾」を全国で行なっています。

ブログ:そのまんま♪ 天然自然の おんな塾 from vision island あわじしま

<記事構成・スタッフM>
タオイストジャパンのweb構築、事務、広報すべての活動をアシストする裏方スタッフ。
現在妊娠中。スピリチュアルなもの、一般常識や社会的な規範とはかけ離れたものごとは
電柱の影からひっそりのぞいていたはずなのに、いつの間にか肩まで浸かって心地よい毎日を
過ごしています。