ドラゴンゲートサンクチュアリはハワイ、ホノルルでクリス・松尾老師(Wu Lao Xie)によって
運営されている非公開スクールです。
バグアザン(八卦掌)を軸に、タオイストの魔術的なシャーマニズを一部の
限られた生徒にのみ、教え導いています。

バグアザン(八卦掌)は、ペルシャ・インド・チベット崑崙(クンルン)に
おける治療を目的とした武術やスピリチュアルなシャーマンの系統を由来としています。
クリス・松尾老師(Wu Lao Xie)は、Wu家の血筋を引いており、
Wu家の武当山スネーク(naga)八卦掌のグランドマスターであり、ケア・テイカーです。

タオイストのシャーマニズムは、宇宙と大自然の持つ8つの諸力
(天、地、雷、風、水、火、山、沢)と、人間がどのようにコミュニケーションをとり、
響き合い、調和していくのかという秘密を明らかにします。
その秘密は、古代ペルシャより崑崙山脈(クンルン)のタオイストたちへと
連綿と受け継がれて来た、聖なる秘密の叡智です。

現代に生きる私たちは、便利で管理された都市生活の中で、自然や宇宙、
本来の自分自身の在るべき姿からも切り離され、生きる指針や方向性は、
遠くに見えているような気がしますが、それは決して手に入らない憧れのようです。

クリス・マツオ老師のメディカル気功、スネークバグアザンは、
万物生成の秘密の暗号と、青いシャクティ、クンダリーニの目覚めを
型の中に埋め込んで、古の遠い記憶の彼方から連綿と伝えられてきました。
その舞いのような優雅な型は、武道でありながらも、東洋の女性性エネルギーの
極みを感じさせます。

これらの叡智は、あなたの生きる環境、人生、そして自分自身、
すべてを心身霊ともに聖なる祭壇へと変化させることでしょう。
この秘密は今もなお、移民の島ハワイで温存され、限られた弟子にだけ、
伝えられています。現代日本で失われてしまった祖先霊や自然霊とのつながり、
縄文の叡智ともいえるものが、ハワイの老師の手によって再び日本の地で、
息を吹き返そうとしています!

revised_stamp_sm