パスポートについて
Wu家の血脈〜Lineage〜の相承

ドラゴンゲートサンクチュアリ・ジャパンでは、松尾老師が受け継ぐタオイスト
シャーマニズム、Wu家血脈(lineage)の正当な継承の教えと、継続した学びを
サポートするためのパスポートを発行します。

ドラゴンゲートサンクチュアリは、クローズドドア(非公開)スクールです。
一般に公開されることがなかった叡智やアートは、松尾老師のお膝元ハワイで
限られた弟子だけが学ぶことが可能でした。ハワイでは、世界各国からこの
閉じられたドアを叩く門下生の志願者が後を絶ちません。
2014年から松尾老師の祖先の国、日本でもその教えを受けることが可能に
なりましたが、多忙を極める老師の来日は年に一度で、直接に学べる時間も
限られたものとなっています。

学び続けるというコミットメント

ドラゴンゲートサンクチュアリでは、とても個人的な形で認定証〈サーティフィケート〉
が発行されることがありますが、それはとても稀なことです。
例えば日本でドラゴンゲートサンクチュアリが主催する5日間のコースに出ても
他者に「教え始めてもよい」という認定が出ることはありません。

このような教えに興味を持つ人なら誰でも知っているように、そのいにしえの
叡智はあらかじめ決められた時間数の履修で獲得できるものではありません。

運転免許の試験を受ければ免許を取ることができますが、その人が
セーフドライバーとは限りません。
1週間の素晴らしい研修を受けたからといって、その人が優秀なリーダーに
なれるとは限りません。
マッサージの資格を取ったとしても、その後にさらなる学びを深めながら
継続する姿勢がなければ、その資格は意味をなしません。
成人式を迎えて大人になったかといえば、決してそうではありません。
始めは誰でも初心者です。たとえうまくいかないことがあったとしても、初心
の喜びや自分への信頼とともに学び続けることが、最終的に魂の成長へとつな
がっていきます。

人と比べないこと、自分自身で在ること

個々人の魂は、初めから完成されているとはいえ、その真実に戻っていく道筋や
速度が異なっているというのは当たり前のことです。
特に私たち日本人のほとんどが、自分が他人と異なっているのを受け入れるのに
大きな恐怖や困難を感じています。
ドラゴンゲートサンクチュアリと松尾老師は、そんな私たちが持っている個々の
オリジナリティやユニークさにつながっていくことを助けてくれます。

パスポートとサーティフィケート・・・・

ドラゴンゲートサンクチュアリ・ジャパンのワークショップに参加した
経験のある人で入門を希望する方はすべて門下生として、
パスポートを持つことができます。(2014年の参加者で、希望者はお申し出ください。)

ドラゴンゲートサンクチュアリでのワークショップ、
個人セッションなどの実質的な参加時間と内容を記録して、
松尾老師からのサインをもらいましょう。
サインは、以下の場合に追加され、サーティフィケートへとつながっていきます。

1.ドラゴンゲートサンクチュアリのyoutubeやDVDなどを使って、
個人的に学びを深めていることが明らかな場合

2.ドラゴンゲートサンクチュアリでの学びを継続し、深めたいという積極的な姿勢や誠意、正直さ

3.あなたが「人々が必要としているものを伝えられる、教えられる」
「育てる」「学び続けるための心の準備や心構えができている」と、
松尾老師が判断した場合には都度、サーティフィケート(認定証)が出ることがあります。

4.例えばサーティフィケートは
「フォームを正しい順番と正しい形で完全に 覚えている」こととはあまり関係がありません。
真実の学びは、魂の成長へのコミットメントであり、自分を育て続けているという証です。

5.そのサーティフィケートには、あなたのバックグラウンド
(すでに持って いる資格や仕事の種別)なども加味されます。

だいぶ世間の流行からは離れていると感じるかもしれません。
けれども、学びや自分を育て続けることには終わりも限界もありません。
Wu 家のいにしえの伝統、血脈を松尾老師から正しく相承していくことは、
この伝統を今に伝えてくれた祖先のスピリチュアルな血脈へと、私たちが
今ここにあることへの感謝をお返ししていくことであり、聖なる循環の輪へと
魂をつなげていくことになります。

dgs_passport_img